全部で3点!物流倉庫を利用することで得られるメリット

大きな経費削減効果を得られます

現代社会において年々存在感を増しているのが物流倉庫。今や私達の生活を維持していく上で無くてはならない存在となっているんですよ。そんな物流倉庫を利用することで得られるメリットのひとつが、コスト削減効果です。メーカーや商社などの業種を問わず何らかのモノを扱う際は、一旦どこかに保管する必要がありますが、その施設を自前で確保することは大変です。わざわざ倉庫を作らないとしても、自社敷地内に保管すれば邪魔になりますし、倉庫を作れば固定資産税などの大きなコストが発生してしまいます。しかし外部の物流倉庫を利用することで業務の効率が増す上、余分なコストを抑えることが可能になります。

業務上の無駄を省けます

メーカーや商社などにとって、取り扱う製品(電化製品や食品など)は生命線であると共に、保管に頭を悩ませる存在でもあります。単に保管するだけでも、たとえば食料品だと適切な温度管理が求められます。発注があるまでの間、自前で保管しておくことは単にコストが掛かるだけでなく、本来であれば本業に活用したい人材を無駄にすることにもなるんですよ。ですが、このような業務を全て物流倉庫を運営する業者に一任することで、経営の合理化が実現します。勿論、委託先の倉庫は慎重に選定する必要がありますが、いずれにしても自前で管理するより間違いなく効率は高まります。

顧客満足度が向上します

メーカーや商社などが製造したり輸入する商品は、無造作に配れるわけではありません。発注を受けてからようやく配送できるわけですが、近年は発注から配送までのタイムラグが大きいとクレームの原因になってしまうんですよ。ネット時代において消費者は注文してからすぐ荷物が届くことを当たり前のこととして享受しているため、顧客満足度を高めるためには優れた物流システムを構築する必要があります。ですがそれを自前で作るのは大変な時間とコストが掛かります。そこで物流倉庫会社に発注から配送までの業務を一任することでコスト削減できる上、顧客満足度も高められるというわけです。

物流とは、製造会社から卸会社へ卸会社から小売店へ小売店から消費者へ商品が届けられるまでの流れを言います。