セルフヘアカットで節約!綺麗にカットするためのコツとは

セルフヘアカットは節約になる

毎月一度カットに行くのは経済的に負担になっているという人も少なくないのではないでしょうか。そんな時におすすめなのがセルフカットです。世の中には美容師という資格があるもののため難しそうに思えてしまいますが、コツさえ覚えればセルフカットは簡単にできますし、毎月のカット代を大きく削減することもできます。

道具は大切髪を切る専用のものを用意しよう

ここだけはお金がかかってしまいますが、髪を切るためのハサミやくしを用意します。道具の差が仕上がりの差を生んでしまいますので、髪を切る専用のハサミや余分な髪を止めておくピン、ヘアゴム、後頭部をチェックするための合わせ鏡は最低限用意しておきましょう。

面倒でもブロック分けはきちんとしておく

まずは髪をいくつかのブロックに分けて行きます。一度に髪を切ってしまうと、内側と外側が同じ長さになってしまい外はねしてしまいやすくなったり、多くの髪の毛を一度に切れなくて段差ができてしまいます。面倒でもブロック分けはきちんと行うようにしましょう。

横にざっくりと切るのではなく、縦にハサミを入れる

髪を切る、というイメージだと、横にハサミを入れて髪をばっさりと切るものではないでしょうか。しかしそれは失敗のもと。ハサミを縦にして少しずつ切って行くと上手く切ることができます。セルフカットの基本は「ハサミは縦に入れる」です。

長めに切っておくと安心

ついつい「自分がこの長さにしたい」という位置で髪を切ってしまいがちですが、それで失敗してしまった場合には取り返しがつきません。「このくらいの長さにしたい」という長さよりも少し長めに切っておくと安心です。長さが合わない時には、隙ばさみを利用して毛先を梳くとカバーすることもできます。

ヘアカットの1000円の店舗は、幅広い年代の男性からの支持が集まっており、コストパフォーマンスの良さや時間の早さがメリットといえます。